ciao用シトープラス取り付け

ciaoのノーマルマフラーを入手できたのでciaoに付けてたシトープラスを移植しました。

bravoには曲げないと付けられないとの噂だったciao用ですが、

なんてことはない、カラー1個で取り付け可能です。

1

2

内径がM8くらいのアルミパイプで20mmカラーを制作し

ボディとマフラーステーの間に噛ませて表側から固定。

ボルトはM8の20mmくらいの長さの物に交換。

チェーン、ペダル、との干渉は無し。

スタンドは当たってしまいますが、スタンドにゴムでも付けときゃ大丈夫でしょう。

カバーは多少曲がるくらいで気になりませんが、気になるようなら削れば良いでしょう。

エンジンの排気口合わせでカラーをつくったのでマフラーに変な負荷がかかることもないと思います。

何より、曲げるより楽です(笑)

ただ、50ccのままだと恩恵には預かれませんね。

パワーバンドが20km/hから30km/hに変わっただけで吹け上がりは変わらずです。

低速が遅くなっているのでそっちが欲しいんですが、排気では調整できないでしょう。

という訳で純正に戻すと思います。

その前に、純正ギアボックスとの相性を調べます。
トップページ   ABOUT   ショップ   ミーティング   カスタム   LINK   問い合わせ
2003 mopeders All Rights Reserved.  本サイトに掲載されている全ての情報を管理者の許可無く使用することは法律で禁止されています。
(複製、改変、ダウンロード及び再アップロード、掲示、送信、頒布、販売、出版等を含む)